プロフィール

  • ソプラノ 坂井田真実子
  • ピアニスト 石井里乃
  • DUO 坂井田真実子&石井里乃

ソプラノ 坂井田 真実子 (Sakaida Mamiko)

坂井田 真実子
ソプラノ 二期会会員

幼い頃、外食の際は椅子の上に立って歌い出す程の”歌好き”。

高校まで、自然豊かなミッションスクールの自由学園で学び、その”歌”を志し、国立音楽大学及び同大学院を修了。二期会オペラ研修所マスタークラス修了。修了時に優秀賞及び奨励賞受賞。

ロータリー財団奨学生として伊・ボローニャへ留学。
平成25年度文化庁新進芸術家在外派遣員としてウィーンへ派遣。
ソレイユ音楽コンクール2位及び優秀賞受賞。
伊・セギッツィ国際ソリストコンクール聴衆賞(2位)受賞。

日本フィルハーモニー交響楽団、東京都交響楽団をはじめ、主要オーケストラと共演。大野和士、大植英次、ウルフ・シルマー等の指揮者とも共演する。

2010年東京二期会『メリー・ウィドー』ヴァランシェンヌ役でデビュー、華麗な演唱と劇中のダンスシーンの舞台姿でも好評を博す。同公演『こうもり』アデーレ役では、稀なる表現力とコケティシュな魅力で大輪の華を咲かせるソプラノと評される。イタリア、ドイツ、オーストリア、中国、台湾等、国内外で演奏会やオラトリオの演奏会に数多く出演。

順調に歌手としてキャリアを積んできた2016年37歳で、国指定難病 NMOSD を発症。一時は下半身不随となるも、現在は病症や後遺症と共存しつつステージに復活。

坂井田真実子公式SNS

Facebook
Twitter
Youtube
 Instagram

 

ピアニスト 石井里乃 (Ishi Rino)

4歳の時から1人で電車に揺られ、幼稚園から国立音楽大学で学ぶ。同大学院オペラ科演奏員(オペラ演習の伴奏ピアニスト)を経て文化庁新進芸術家在外派遣員としてドイツ留学。
白井光子、H・ヘル両氏の元、カールスルーエ音楽大学大学院音楽研究科修士課程独歌曲専攻を修了、バーデン・ヴュルテンベルク州芸術財団より芸術基金を受け、同音大ソリスト養成課程に進学、附属オペラ研修所に務める傍ら、リートピアニストとしてドイツ国家演奏家資格を審査員満場一致の最優秀で取得。

日本声楽家協会ピアニスト。
桐朋学園大学大学院ドイツ歌曲演習嘱託演奏員。

141souonkoubou(いしい そう おん こうぼう)
伴奏音源を提供しています。下記からお申し込みください。
クラシック版カラオケ音源提供サービス「オーダーメイド カラオケ ♪ OK」

 

DUO 坂井田真実子&石井里乃

国立音楽大学の同級生。学生時代から20年間デュオを組み演奏活動をしている。

 

DUO活動

「Mamici Concerto」
(マミーチ コンチェルト)

6回目を迎えるコンサートです。『歌好き集まれ!』というテーマのもと、DUO坂井田&石井が中心となって企画している演奏活動。これまでに、紀尾井ホール室内管弦楽団のメンバーによるカルテット、東京都交響楽団首席奏者と共演。

合唱団を公募し、ウィーン・フォルクス歌劇場専属歌手と共演し舞台を作ってきました。合唱指導も行っています。

今年ウィーン・フォルクス歌劇場専属歌手 クリスティアーネ・カイザー再来日公演、4月28日@銀座YAMAHAホールが予定されています。

 

 

「おんがく参道」

明治神宮前のホール、Hall60(ホール・ソワサント)主催、年2回開催の演奏会。
DUO坂井田&石井が今届けたい音楽を、趣向をこらしお届けしています。プログラムはかなりコアなものから、メジャーなものまで振り幅も味わって頂けます。

 

 

「濃厚な獨逸歌曲之会」

ドイツ歌曲スペシャリストの石井だから出来る切り口で、堅苦しいイメージのドイツ歌曲をより身近に感じて頂く演奏会。年1回

 

 

「おしかけコンサート」

DUO坂井田&石井にとって、ライフワークとなっている病院・老人施設・児童福祉施設・リハビリ病院等でのボランティアの演奏活動です。

NMOSD視神経脊髄炎になったからこそ、学んだ事があります。
「病気への恩返し」と言う気持を音楽に込めてコンサートをしています。
石井は、2016年に私が倒れたその日から、毎日病院へ看病に来てくれた音楽の仲間です。看病し回復を望んだ側のピアニスト、と、看病される側だった歌手だからこそ、お伝え出来るコンサートでありたい。と以下の事を目標に挙げています。学校でも病院でもリクエストがあれば、伺います!
プログラムは、クラシックから歌謡曲、リズム遊びや、音楽絵本(サウンド オブ ミュージック)等、柔軟に御応え致します。

*コンサートへ行くことが出来ない方々、病院や特別支援学校、リハビリ病院等へ本物の音楽を届ける。
*闘病生活をしている方へ、NMOSD患者である私でも歌う事が出来るのだから、一緒に頑張ろうと、「エール」を音楽に込める事。
*看護師や理学療法士などをはじめ、家族や病気を支える人たちへ、ここまでよくなれる!と、いう”希望を音楽に込める事。

「おしかけコンサート」ご希望の方はこちらまで