久しぶりに向かった先は

久しぶりに茨城県筑西市明野公民館へ。

何故なら•••

ベーゼンドルファーフェスタ 2020 の応援に駆けつけました。
7月・8月と月を跨いで開催されたベーゼンドルファーフェスタは
子供・大人総勢14名の受講生の公開レッスンと披露演奏会、そして小原孝さんによる素晴らしいコンサート。企画した石井里乃も大活躍でした。

チルコーロの本番には欠かせない存在で、タンバリンやトライアングルも見事に奏でてくれる”まりこ”、里乃の生徒さんも受講していたので見守るような気持で彼らの演奏を聴かせて頂きました。皆さん、思いっきりベーゼンドルファーを奏で、ホールでしか味わえない響きをお客様と共有していました。

実行委員会の皆さんも本当にお疲れ様でした。3人ともに私の歌の生徒。1月振りの再会嬉しかったです。次はいつお会いできるかなぁー・・・

開催にあたり、今回のご苦労は計り知れません。

感染症対策もバッチリ。換気・マスク・消毒・検温・ソーシャルディスタンス等・・・ホールの開けれる扉という扉、窓という窓は開けっぱなしでしたが、お手製の網戸が設置され「先生。虫や蚊が入ってこないように作ったんですよ」と。。本当に感心しました。

この様な状況下でも、ホール・市・実行員会の連携プレーがあったからこそ、無事に幕を上げ、そして、幕を下ろせたのではないでしょうか。

蝉の鳴き声と子供の笑い声、夏の風を感じつつ聴くスタイルもなかなか良かったです。

距離をとり、肌を触れ合うことも許されない今。音楽無くして、どうやって人のあたたかみや愛を感じとる事ができるのでしょうか。

やっぱり、音楽って素晴らしい。